M&A・閉院までの流れ

第三者承継

◆ご子息様だけを後継者として考えなくてもよい??

医療機関を親族ではなく第三者に承継するのが、M&Aによる事業承継です。
ひと昔前までは、医療機関(とくに診療所)の承継といえば、ご子息様に継がせるのが一般的でした。けれど昨今では、M&Aによる第三者継承が増えてきています。
医療機関の承継には、建物や医療機器といったハード面だけでなく、診療科目や前院長の診療方針、患者、スタッフなどさまざまな引き継ぎが必要になりますから、ご子息様が引き継ぐ場合、ご子息様にとっては相当なストレスになるケースも見受けられます。
例えば病院で高度な医療や基礎医学の研究を続けていきたかったのに、親の医院を引き継ぐために、泣く泣くその夢をあきらめたというご子息様もおられました。
その場合の対応策として、M&Aという選択肢は大きな助け舟になるのではないでしょうか。

医院にふさわしいドクターに承継できるものの、時間がかかることもあります。

M&Aであれば、親族承継のように引き継ぎ手を限定しませんから、自分の医院にふさわしい優秀なドクターを、時間をかけて探すことができます。
引き継ぐ側にとっても、すでに患者がついている医院を引き継ぐことができるのですから、引き継ぎ当初から収入の見込みが立ち、開業リスクを減らすことができるというメリットがあります。
ただし、気を付けておかなければならないことがあります。それは『時間がかかる』ことです。
あまりおおっぴらにすると患者様に不安に誤解を与えることになりかねませんから、会計事務所など信頼のできる仲介業者を通じて、水面下で探すことになります。そのため、引き継ぎ手が見つかるまで1年以上かかることも少なくありません 

売り手(承継される側)のメリット・デメリット

・メリット
① まとまった資金が手に入る
② 売却後は時間のゆとりが手に入る
③ 医療法人に借入金がある場合は個人保証がはずれる
④ スタッフを引き継いでもらえる
⑤ 院長に万が一の事態が生じた場合でも、医院をどうするかの問題で家族が困らない
⑥ 広く優秀な後継者を外部に求めることができる
⑦ 地域医療の継続ができる
・デメリット
① 希望の条件を満たす買い手を見つけるのが困難
② 商談中かなりのストレスにさらされる
③ 買い手が見つかるまで長い時間がかかる
④ 業績を落とさないように頑張らないとならない
⑤ 医院を売るといううわさが関係者に流れることにより影響が生じかねない
⑥ 医院の経営理念や診療方針を維持することも難しくなる
⑦ 確実に譲渡できると保証されるものではない

メリットばかりに目を向けず、デメリットの内容もよく把握しておく必要があると思います。
また、事業譲渡が成立しなければ、メリットが反対に作用する可能性があるので注意が必要です。

 

買い手側(承継する側)のメリット・デメリット

・メリット
① 顧客基盤があるので医業経営が早く軌道に乗りやすい
② 繰越欠損金の引き継ぎが可能
③ 新規開業に比べて医療機器や内装工事のコストが抑えられる
④ すでに地域に周知されている場合が多いので広告宣伝費が比較的安価で済む
⑤ 承継するクリニックやその患者、周辺地域について知識のあるスタッフを引き継ぐことができる
・デメリット
① 希望の条件を満たす売り手を見つけるのが困難
② 商談中かなりのストレスにさらされる
③ 売り手が見つかるまで長い時間がかかる
④ 医院を買うといううわさが関係者に流れることにより影響が生じかねない
⑤ 既存の医院の経営理念や診療方針を変えることが難しくなる
⑥ 医療スタッフの入れ替えが容易ではなく、人間関係に軋轢が生じることもある
⑦ 医療法人名義の借入金の連帯保証人になる可能性がある
⑧ 前理事長が経営や診療行為に口を出すこともある

買い手としては、売り手が見つかれば非常に大きなメリットが期待できます。
ただし事業譲渡が成立するまでには、相手を見つけることにはじまり、条件交渉など、かなり時間がかかることも多いですから、じっくりと慎重に事を進めていく覚悟が必要です。

◆払い戻しと譲渡のメリット・デメリット

出資持分の払い戻しと譲渡のどちらが有利かは、一概には言えませんが、上記のそれぞれのメリット・デメリットからお分かりの通り、次の2点に絞って考えればいいのではないでしょうか。

① 後継者の資金的余裕
② 院長先生が支払うことになる税金

院長先生が支払う税金については、税理士の先生などに医療法人の出資持分の評価を依頼し、それを引き下げていく対策をとることによって軽減できますので、早めの対策をおすすめいたします。

【一般的な承継開業の流れ】